海釣り

【図解】ショアジギングのワンピッチジャーク|やり方を徹底解説!

ワンピッチジャーク|マスター記事のアイキャッチ画像
初心者
初心者
ワンピッチジャークのやり方がわからないよ…

そんな疑問に答えます。

ワンピッチジャークのやり方
ワンピッチジャークのバリエーション

について解説します。

きゅうび
きゅうび
釣った魚は、98%ワンピッチジャーク!きゅうびです。

ショアジギングでメタルジグをどのようにアクションさせるのかって大事ですよね。

ぶっちゃけ、ショアジギングで魚を釣るためにはワンピッチジャークができれば十分です。

今回は、もっともシンプルで最も魚が釣れるワンピッチジャークについて、水中のジグの動きを画像で解説します。

筆者はショアジギングをはじめて4年目のショアジギンガー。

初年度でマダイ・ヒラメ・イナダ・サゴシ・シーバスを釣ることに成功。

現在もショアジギングをメインに海釣りを満喫中。

きゅうび
きゅうび
ワンピッチジャークのやり方が知りたいって方に向けた記事です。

ワンピッチジャークで魚が釣れる!

ショアジギングのワンピッチジャークとは

ワンピッチジャークとはジギングにおけるジャーク(しゃくり)のことで、弱った小魚のような動きを演出させます。

ジャークする速さを変えることによって様々なレンジ(棚)や動きをすることが可能になります。

■ワンピッチジャークのやり方■

  1. ロッドをしゃくると同時にリールを一回転
  2. ゆっくりとロッドを下げ、再度ロッドをしゃくりながらリールを一回転させる
きゅうび
きゅうび
詳しく解説していきます。

ワンピッチジャーク|ロッドの持ち方

ロッドエンドを軽く脇に挟む

グリップエンドの解説画像

ワンピッチジャークをやるときはロッドのお尻の部分を軽く脇に挟みます。

コツは脇で強く挟むと疲れて長続きしないので、軽く脇に当てる程度にします。

ロッドは強く握らない

ロッドを強く握る行為も身体がこわばってしまい、うまくワンピッチジャークができない原因に…

ロッドの下になる部分を中指辺りで支えるくらいでOKです。

ジャークする時は基本、上下に動かします。

そのため、しゃくり上げるときに一瞬だけ上方向にチカラを入れます

ロッドを下げる動作は重力を利用するので、全くチカラは必要としません

きゅうび
きゅうび
しゃくるときに一瞬「クイッ」と力を入れる感じです。

ロッドをしゃくったと同時にリールを1回転

これがワンピッチジャークをマスターするうえで最も難しいポイント。

片手はロッドを上げる動作もう片手はリールを回す動作をしなければいけないので慣れないと、ちぐはぐな動きになってしまいます。

■ワンピッチジャークができないと…■

  • リールハンドルをどの位置で一回転すればいいのかわからない
  • ロッドの動きと一緒にリールを回さないと、ジグがしっかり動かない

といった問題が起きてしまいます。

この問題を解決する方法は、ロッドをしゃくった反動を利用してリールを一回転させることです。

きゅうび
きゅうび
リールを横から見たときの角度を時計の秒針に見立てて解説します。

ロッドを下げたときのリールハンドルに位置は7時~9時のあたりにしておきます。

しゃくったときのロッドを上方向にあげた瞬間のチカラを利用して、リールハンドルを2時~3時のあたりまで回します。

ロッドを下げる動きを利用して、リールハンドルを7時~9時のあたりまで回します。

きゅうび
きゅうび
今の動きで、1回のワンピッチジャークが出来ていることになります。

あとはその動きを繰り返すだけです。

慣れてくると全く意識しなくても身体が覚えてくれるので、慣れるまで何度も繰り返しするのみ。

最初はゆっくりと確実にやるように意識し、慣れてきたらロッドを上げる動作は早めにやるようにします。

ゆっくり過ぎる動きだと、魚に見切られてしまいます。

きゅうび
きゅうび
しゃくってジグを上げる動きで魚に興味を持ってもらい、フォールのヒラヒラとしているタイミングでバクッと食いつかせる感覚。

しゃくった動きは素早く、逃げ惑う小魚を演出するように意識しましょう。

糸ふけをつくる

ジャカジャカ巻きでも魚は釣れますが、そのときも大事なのは「ジグをフォールさせる間をつくる」ということ。

どうやってフォールの間を作るのかというと、しゃくった後に糸ふけをつくることです。

糸ふけができているときは、ジグが自然とフォール(沈下)しているので、その瞬間に魚は捕食してくることが多いです。

早いジグの動きで魚に興味を持たせ、フォールの動作で魚に「バクッ!」と捕食させるイメージが大事になってきます。

【図解】ワンピッチジャークのアクション~5選~

これまでの内容を読んでいただけたら、実際にやってみてください。

やり方を見る→実行→やり方を見る→実行→やり方を見る…

きゅうび
きゅうび
この繰り返しで身につけていきましょう!

ワンピッチジャークができるようになったら、あとはジャークの速さを変えるだけで、色んなレンジ(棚)を攻めることができるようになります

きゅうび
きゅうび
僕がやっているワンピッチジャークの戦略5パターンを紹介していきます。

ゆっくりとしたのテンポでワンピッチジャーク

普通のワンピッチジャークの動きの画像

■ポイント■

ボトムをねちっこく攻める。

ゆっくりめにワンピッチジャークをすると、上記の画像のような軌道でジグが動きます。

着底後にこのようにジャークすることで、ボトム(底)付近を重点的に攻めることが可能。

きゅうび
きゅうび

ボトム付近でチョンチョンしている小魚を演出!

僕自身、このジャーク方法を多用します!

「ヒラメやアイナメなどボトムにいる魚を釣りたいとき」「魚の活性がイマイチよくない…」って時に、このやり方が非常によく効きます。

また、ほとんどチカラも必要としないため体力的にも無理がなく、長い時間でも釣りをすることができます。

きゅうび
きゅうび
メバルや青物、マダイなど多種多様な魚を狙うことができますよ!

早いテンポでワンピッチジャーク

早いワンピッチジャークの動きの画像

■ポイント■

ボトム~中層付近、表層付近までの広いレンジ(棚)の魚にアピールできる。

早いテンポでワンピッチジャークをすると、上記のような軌道でジグが動きます。

きゅうび
きゅうび
ボトムから上方向に逃げる小魚の動きを演出! 

ただ上に一直線に動くだけではなく、フォールのヒラヒラした動きもあるので、ちゃんと喰いつかせる間も作れています。

ある程度魚の活性があったり、青物などがいる場合は早めのワンピッチジャークが有効になる場合があります。

早めのワンピッチジャークでありながら、しっかりとフォールさせる間を作ることが大事です。

底を切ってからのワンピッチジャーク

底をきってからのワンピッチジャークの画像

■ポイント■

ボトムから少し上のあたりをジグで攻めることができるので、根掛かり対策OK。
底付近にいる魚にアピールすることができる。

ボトムに根があったりと根がかりしやすいポイントでは、頻繁にボトムをとると根がかりのリスクが高くなってしまいます。

そういう場合は一度着底させたら早いピッチでジャークさせて底からジグを離します。

それからゆったりとしたワンピッチジャークで、ボトムから少し上がったレンジをピンポイントで攻めていきます。

きゅうび
きゅうび
ボトムから少し上を泳いでいる小魚を演出!

根がりしやすいポイントでは必須となるジャーク方法。

ヒラメは底から50cmくらいのレンジが最もヒットしやすいとも言われているので、このやり方も覚えておいて損はないです。

着底させずに表層付近をワンピッチジャーク

表層のワンピッチジャークの画像

■ポイント■

表層付近をワンピッチジャーク、またはリトリーブ(ただ巻き)するだけ。

キャスト後に着水したら、すぐにワンピッチジャークする方法もあります。

ジグを着底させずに表層を泳がせるということです。

しかし、基本的にこの方法を実行するのはナブラ発生時など表層に魚の反応があるときです。

ナブラが発生する可能性は低く、短時間で終わってしまうことが多いので、そこまで多様することはないでしょう。

しかし、ナブラが発生しているときは表層に魚がいる証拠なので「大チャンス到来!」ってことです。

きゅうび
きゅうび
フィッシュイーターに追われる小魚を演出!

水面に反応があったときや魚の活性が高いときに有効です。

■ポイント■

ボトム~中層にいる魚を狙うことができる。

ボトムに着底後、早めのワンピッチジャークを連続させます。

ジグが中層くらいまで上がってきたら、リールのベールを返してサミングしながらボトムに着底。

着底を確認したら早めのワンピッチジャークを開始し、中層くらいまで上がってきたらボトム着底を繰り返します。

きゅうび
きゅうび
ボトム~中層を泳いでいる小魚を演出!

ワンピッチジャークのコツ

ワンピッチジャーク|マスター記事のアイキャッチ画像

今回はワンピッチジャークやり方具体的なアクション方法について解説してきました。

ワンピッチジャークに慣れてきたら、ジャークするテンポを変えて自分の狙ったレンジ(棚)を狙えるようにしましょう。

そうすることで、魚が釣れる確率のアップして、さらにジギングが楽しくなります。

■ワンピッチジャークのコツ■

  • ロッドエンドを軽く脇に挟む
  • ロッドは強く握らない
  • ロッドをしゃくったと同時にリールを一回転させる
  • 糸ふけをつくる

■アクション方法■

  • ゆっくりとしたのテンポでワンピッチジャーク
  • 早いテンポでワンピッチジャーク
  • 底を切ってからのワンピッチジャーク
  • 着底させずに表層付近をワンピッチジャーク
  • 中層まで上げてから再度ボトムに着底させるワンピッチジャーク

正直、ワンピッチジャークができるだけで魚が釣れます。

僕は今回紹介したワンピッチジャークの方法でシーバスやヒラメ、アイナメ、真鯛など様々なフィッシュイーターを釣ることができました。

きゅうび
きゅうび
皆さんもワンピッチジャークを習得して、いろんな魚を釣っちゃってください!
関連記事

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!