インプレ記事

ビックバッカージグのインプレ|鉛製なのに脅威のぶっ飛び性能!

ビックバッカージグのパッケージの写真
初心者
初心者
ビックバッカージグってどんなジグなの?

そんな疑問に答えます。

ジャッカルのビックバッカージグを使って分かった、良い点と悪い点について紹介していきます。

ジャッカルのビックバッカージグってご存知でしょうか?

タングステン製ではないので、そこまで高価なメタルジグではないのですが、驚異的なぶっ飛び性能を兼ね備えています。

今回はビックバッカージグのインプレを紹介していきます。

きゅうび
きゅうび
ビックバッカージグってどんなジグか知りたい」って方に向けた記事です。

ビックバッカージグのインプレ!

驚異のぶっ飛び性能!

ビックバッカージグの飛距離は、かなり飛びます。

写真を見るとわかるように、かなりの後方重心です。

ビックバッカージグの後方重心の写真

「重心が後方にある設計」が驚異的な飛距離を可能にしているんです。

きゅうび
きゅうび
タックルにもよりますが、僕の場合は90mくらい飛びます。

飛距離が出せるメタルジグって他にもありますが、ほとんどがタングステン製で高価です。

しかし、ビックバッカージグは鉛製なのでタングステン製のメタルジグよりも安く購入することができます。

キャスティングゲームで活躍する、辺見哲也さんは「飛距離は正義」と言っています。

それくらい飛距離は重要な要素ってことです。

【ビックバッカージグ】フォールが早い!

先ほども言いましたがビックバッカージグは、かなりリアよりに重心があるのでフォール(沈下速度)も速いです。

フォールが速いということは、手返しがよくスピーディーな釣りをすることができます。

そのため、速めにジャークした時もしっかりとジグが動いてくれます。

きゅうび
きゅうび
個人的には、速めのワンピッチジャークができるので好きです。

【ビックバッカージグ】カラーバリエーションが素晴らしい!

ビックバッカージグは2020年の時点で、11種類のカラーバリエーションが発売されています。

■カラーバリエーション■

  1. アカキン/マグマウェーブホロ
  2. イワシ/マグマウェーブホロ
  3. イワシグローベリー/ボーダーホロ
  4. グリキン/グロードット
  5. グローストライプ/ボーダーホロ
  6. グローピンク&パープル/レンズホロ
  7. シラスシルバー/マグマウェーブホロ
  8. ピンクキャンディ/グロードット
  9. ピンクバック/ボーダーホロ
  10. ブルピン/グロードット
  11. ブルピン/ボーダーホロ

特におすすめなのが、グローピンク&パープル/レンズホロ。

ビックバッカージグのパッケージの写真

見てもらえばわかるのですが、めちゃくちゃ可愛いんです!w

でも可愛いだけじゃなく、しっかり魚を釣ってくれます!

ただ巻きでも使える

メタルジグは基本的にジャークで使うことになるのですが、ビックバッカージグはただ巻きでも使うことができます。

ただ巻きするとお尻を振りながら泳ぐので、魚が釣れることもあります。

きゅうび
きゅうび
お尻を少し下げながら泳いでくれます。

【ビックバッカージグ】引き抵抗が強い

ビックバッカージグを使ってみて感じたことは、「引き抵抗が強い」ってことです。

引き抵抗が強いと、ジャークした時にロッドや身体にかかる負担が大きくなってしまいます。

ジギングでは基本的にジャークしっぱなしになるので、少しでも体力の消費を抑えたいのが正直なところ。

その点、ビックバッカージグは長時間ジャークするのは体力的に厳しいと言えます。

力任せにジャークしているとすぐに疲れてしまうので、できるだけ無駄なチカラを使わないジャーク方法を習得する必要があります。

【ビックバッカー】飛距離が最大の武器!

ビックバッカージグのインプレ記事のアイキャッチ画像

今回はジャッカルのビックバッカージグのインプレをしてきました。

■まとめ■

  • 脅威の遠投性能!
  • フォールが早い!
  • カラーバリエーションが素晴らしい!
  • ただ巻きで使える!
  • 引き抵抗が強い!

デメリットとしては引き抵抗が強く、長時間ジャークするのは体力的に厳しいということです。

しかし、それ以上に脅威のぶっ飛び性能が光るメタルジグです。

関連記事

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!