バーベキュー

【U字溝】でバーベキュー!やって痛感したメリットとデメリット

U字溝でバーベキューする記事のアイキャッチ画像
この記事のレベル

初心者: (5.0)
難しさ: (2.0)
重要度: (4.0)

悩み人くん
悩み人くん
U字溝でバーベキューがやりたいんだけど…

そんな疑問に答えます。

バーベキューグリルがなくてもU字溝があれば、極力お金をかけずにBBQ(バーベキュー)ができます。

しかし、U字溝でBBQをするのにもデメリットが生じてきます…

U字溝でBBQをするメリットデメリットについて解説します。

みんな大好きバーベキュー!

できることならお金をかけずにBBQ(バーベキュー)の道具を揃えたいですよね。

そんな方はBBQコンロを買わなくても、U字溝があればBBQをやることができますが、デメリットもいくつかあります。

結論をいうと

  • 3,000円以内でBBQができる
  • 火力の調節が難しい
  • U字溝が重すぎる

この記事を読むと、「U字溝を使ったバーベキューの長所と短所がわかる」って内容です。

筆者はバーベキューが大好きで、極力お金をかけないためにU字溝でバーベキューもやっています。

きゅうびくん
きゅうびくん
「U字溝を使ったBBQって実際どうなのか知りたい!?」って方に向けた記事です。

U字溝でバーベキューをやってみた!

U字溝でバーベキューをやっている写真

U字溝でバーベキューをやろうとしたきっかけは、先輩の一言でした。

先輩
先輩
BBQグリルがなくてもU字溝でバーベキューができるよ!

私は以前からバーベキューをやりたいと思っていましたが、必要な物を揃えるのにお金がかかるから手を出せずにいました。

しかし、最もお金がかかるであろうバーベキューグリルを安く済ませるんだったら、やらない手はない!

ってことでU字溝でBBQをやることにしました。

U字溝でバーベキューをやってみた感想

U字溝は深いので火力不足になりやすい写真

U字溝でのBBQをやってみたところ、BBQをやることはできましたが、いくつか問題点がありました。

【U字溝でBBQの問題点】火が遠い

U字溝でBBQは焼けるのに時間がかかる|写真

1つめの問題点はU字溝が深いので火と網の距離ができてしまい、焼きあがるのに時間がかかってしまうことです。

火と具材が遠く離れているため、なかなか焼けない!ってことになってしまいます。

そして火力を上げるには、多くの炭が必要になってしまいます。

この問題を解決するには耐火レンガを使うのがオススメです。

きゅうびくん
きゅうびくん
耐火レンガをつかって、効率よく火力アップしよう!

U字溝に耐火レンガを敷いて、そのうえに炭を置くことで火の位置を高くすることができるので火力不足を解決することができます。

きゅうびくん
きゅうびくん
耐火レンガじゃないと壊れちゃうから危険だよ!

【U字溝でBBQの問題点】U字溝が重すぎる

U字溝でバーベキューはコンクリートブロックが必要

自宅でのBBQで、U字溝を外に置きっぱなしという方であれば、たいして問題にはならないのですが、

「BBQが終わったらU字溝をほかの場所に片付ける」って方には結構な問題になります。

なぜならU字溝の重さが34kgもあるからです。

きゅうびくん
きゅうびくん
めちゃくちゃ重い…

U字溝の大きさにもよりますが、私が購入したU字溝は34kgもあるので1人で持つのはかなり厳しいと言えます。

足に落としたら確実に怪我をしますし、重いので腰をやってしまいます。

持ち運ぶには2人必要になるので、簡単に移動するってことは難しいでしょう。

自宅で使うならまだしも、ほかの場所に持ち運ぶなんてのは無謀なので、自宅専用で使うことになります。

【U字溝でBBQの問題点】熱くなるのでコンクリートブロックが必要

U字溝は重い写真

U字溝でBBQをやると、かなり熱くなるので危険です。

そのためU字溝の下にコンクリートブロックを敷かなければいけません。

また左右から炭が落ちてしまったり、風で火が飛んでしまい危険なので、両端にもコンクリートブロックを置く必要があります。

また、BBQが終わった後もU字溝が熱いので、すぐに持つことはできません。

自然と冷めるのを待つことになるので、目を離しているときに炭が飛んで火事にならないように気をつける必要があります。

U字溝でバーベキューの特徴

U字溝バーベキューのメリット

バーベキューグリルを買わなくてもいいので、お金がかからない

U字溝バーベキューの最大のメリットは、お金がかからないこと!

正直これに尽きます。

BBQグリルを買うとすれば、5,000円~10,000円以上するものもあります。

その点、U字溝であれば1個当たり1,518円で買うことができました。

きゅうびくん
きゅうびくん
ホームセンターで売ってるよ!

出費を少なく抑えることができますが、デメリットもあるのでまとめておきます。

U字溝バーベキューのデメリット
  • 焼けるのに時間がかかる
  • U字溝が重すぎる
  • U字溝が熱くなるので、コンクリートブロックが必要

デメリットがこのように結構あるので、これからU字溝BBQをやるって方は知っておいたほうがいいと思います。

ちなみに、コンクリートブロックは1個:187円

焼き時間短縮に使った耐火レンガは1個:250円で買うことができました。

きゅうびくん
きゅうびくん
コンクリートブロックも耐火レンガもホームセンターにあるよ!

U字溝バーベキューにかかったお金は2,766円!

U字溝バーベキューにかかるお金
  • U字溝:1,518円
  • コンクリートブロック4個(1個187円):748円
  • 耐火レンガ2個(1個250円):500円

合計:2,766円
※表記は税込み価格

U字溝でバーベキューを始めるにあたり、かかったお金は2,766円でした。

やっぱりバーベキューグリルを買うより安く済ませることができますが、デメリットも結構あるので注意が必要となります。

バーベキューにあると便利なおすすめグッズ

きゅうびくん
きゅうびくん
僕が実際に使ったおすすめグッズを紹介するよ!

火おこし兼用、火消し壺

1つ目は、バーベキューの始まりと終わりの悩みを解決する便利アイテムです。

  • スムーズに炭に火をつけることができる
  • バーベキュー後の炭の処理が簡単
悩み人くん
悩み人くん

・炭になかなか火がつかない…
・バーベキュー後の炭の処理が不安…

そんな悩みは、「火おこし兼用火消し壺」があると解決できます。

スムーズに火をつけることができると、すぐにBBQをはじめられるし、「もし火の粉が飛んでいって火事になったら…」といったストレスもなくなります。

ロゴス チューブグリル

2つ目はバーベキューグリル。

 

  • グリルの高さを二段階で変えられる
  • 炭と焼き網の距離を変えられる
  • お掃除楽ちんカバーが使える

ハイポジションは立食で使いやすい高さ、ローポジションは椅子に座ったままで使いやすい高さに調節することができます。

また、フックの位置を変えることで強火と弱火に切り替えることも可能。

「食材が焦げてしまういそう…」ってときは、炭と焼き網の位置を遠くしてじっくり焼く。

「もっと火力が欲しい」ってときは、炭と焼き網の位置を近くすると早く焼くことができます。

あと僕がロゴスのバーベキューグリルを買った一番の理由は、「お掃除楽ちんカバー」があるからです。

お掃除楽ちんカバーは火床にセットすれば、BBQ終了後に残炭ごと丸めて捨てることのできる便利アイテムです。

きゅうびくん
きゅうびくん
僕みたいに「バーベキューの後片付けが面倒」って人にめっちゃオススメ!
悩み人くん
悩み人くん
片付けが楽なのは嬉しいね!

火床もほとんど汚れませんし、丸めるだけで炭の後片付けが完了するのはかなり楽です。

 

セスキ炭酸ソーダ

3つ目は、バーベキューグリルや焼き網の油汚れを落とすことができるセスキ炭酸ソーダ。

洗浄力が高いのでBBQの後片付けには必須アイテムとなります。

悩み人くん
悩み人くん
グリルと焼き網の汚れ、ぜんぜん落ちないんだけど!
きゅうびくん
きゅうびくん
セスキ炭酸ソーダを使うといいよ!

スキレット

4つ目は絶品アヒージョが作れるアイテム「スキレット」です。

 

アヒージョとはオリーブオイルとニンニクを煮込むだけのシンプルな料理。

しかしエビ、マッシュルーム、イカ、ホタテなど、好きな具材を入れて簡単、かつ美味しい料理を楽しむことができます。

きゅうびくん
きゅうびくん
熱々のアヒージョは最高!
悩み人くん
悩み人くん
絶対やる!

家でバーベキューやるならU字溝でもいいが…

U字溝でバーベキューする記事のアイキャッチ画像

自宅限定のBBQであればU字溝もありだと思います。

しかし、

  • 焼けるのに時間がかかる
  • U字溝が重すぎる
  • U字溝が熱くなるので、コンクリートブロックが必要

といったデメリットがあります。

そのため、できることならBBQグリルのほうが無難です。

きゅうびくん
きゅうびくん
出費を抑えることができるのは魅力的ではあるんだけどね…
  • 低資金でBBQがやりたい!
  • BBQをやるのは自宅だけで、U字溝を置きっぱなしにできる場所がある

って方にはオススメします。

でも長期的にみた場合、「ちゃんとBBQグリルを買ったほうがいんじゃないか?」って個人的には思います。

【BBQ】関連アイテム


最後までご覧いただきありがとうございました。